イベントリポート

ジャパンホームショー2013

 

先月になりますが、10月23日から25日まで開催されていた

第35回ジャパンホームショーに行ってきました。

 

会場は、いつもの東京ビッグサイトです。

 

 

建材メーカーや問屋さんの主催と違って、

どちらかというと、住宅関連の小さめの建材メーカーさんの

展示会といった雰囲気です。

 

 

いつもに比べると大型展示スペースも少なく、

その分、テーマごとに分けられたエリアで、

数多くのメーカーさんが出展されています。

 

これからのアイディア商品やサービスなど、

新しい刺激を受けるワクワクする展示会です。

 

木材利用ポイントの後押しも受けて、

木材、しかも国産材の地域別出店者の方々が元気でした。

 

こちらは新潟でもおなじみの【秋田県】さん。

以前は、色物と呼ばれる高級木材が主体でしたが、

一般材にも力を入れているようです。

 

こちらは、【島根県】さん。松材のPRもしてますね。 

 

こちらは四国【徳島県】さん。

杉材は四国に限らず九州からも

新潟まで遠路はるばるやってきます。

 

こちらは静岡県から。【富士山木造住宅研究会】さん

世界遺産の認定受けた富士山のふもとの団体です。

桧材のPRがメインですが、住まいづくりの取組も紹介。

事務局のマルダイさんには、いつもお世話になっています。

 

こちらは当社含む各地域木材業の取りまとめ、

全国木材組合連合会の展示。通称【全木連】

木材利用ポイントの事務局本部もやっています。

 

 

もちろん、建材商品のメーカーさんも頑張ってます。

 

まずは、当社においてもお客様から高いご支持を頂いている

接合金物メーカーのグランドワークスさん。 

新しい商品にかける開発・研究には余念がありません。

大型木造建築物の物件でもパートナーとして

協力してもらっています。

 

こちらは新潟三条の金属メーカー。 

浅野金属工業さん。

ステンレスの手摺関係では高い人気ですね。

 

続いては、同じく三条の金属メーカー「栗山百造」さん。

在来工法用の接合金物でお世話になっている地元メーカーさんです。 

 

 

 

アイテムの展示とはちょっと違いますが、いつもお世話になっている【ナイス】さん。

業界の流通最大手企業として、これからの住まいづくりの紹介ですね。

ゼロエネ住宅を提案しています。

 

 

こちらは、デザインに力を入れた展示でひときわ目をひいた、

【クラブプレミアムウッド】さん。

富士山や熊野、出雲、吉野、北山など日本の誇る有名地域の

12社が合同出展。

テーマは「Bar 国産材」だそうです。

女性スタッフさんの浴衣姿もプレミアム感だしてました。

 

会場では商品展示だけでなく、セミナーも開催されていました。

自然素材での家づくりで有名な建築家、伊礼智さんのセミナー。

先般からYKK窓の取扱いを始めたこともあり、

まずは窓のお勉強。

セミナータイトルは「『小さな窓』の美しさは開口部で決まる!

美しい天窓をデザインする方法」

 

高断熱住宅の実現には、部材の性能も大切ですが、

トータルで期待される性能を確保した上での

デザインがカギになるようですね。

 

我々はまず、商品提案で頑張ります!

意欲的に出展されていた各社さんの熱意をもちかえって、

これからもお役立ちの提案をさせていただきます!!