イベントリポート

第一回住まいのアレコレ講座~穐谷建築事務所

国をあげて住宅の省エネ化が進んでいます。

先日エイブルプロモーションさん主催で、

スマートハウスの特徴を紹介しながら省エネ住宅を学ぶ講座が、

「第一回住まいのアレコレ講座」として開催されました。

今回は穐谷建築事務所の社長が講師です。

 

まずは現地で建物の視察です。

こちらの建物はLIXIL地域優秀賞を受賞した住宅です。

 

太陽光と電気自動車のセットはスマートハウスには

とても相性がいいですね。

 

 

 

太陽光で発電した電気を車に充電。

クルマは日産リーフです。

リーフのバッテリーが蓄電池代わりになって、

緊急の電源にも活用できます。

 

 

高度な技術だけでなく、

自然の恵みも有効利用。

 

こちらは貯水タンク「レインセラ」

たまった雨水を庭の水やりや緊急用水に

利用できます。昔ながらのエコ発想も大切。

 

 

 

次は室内に入っての説明です。

 

 

太陽光電池の発電状況がモニターで確認出来ます。

雪国長岡でも晴れた時季の発電で十分元が取れます!

 

 

続いて温熱環境のチェックです。

テレビでよく見るサーモグラフィーカメラで

室内の温度差を確認します。

 

 

もちろんお客様もしっかりうつりますね。

 

 

こちらは床の吸気口

薪ストーブとエアコンで全館冷暖房の設定です。

 

 

IHクッキングヒーターのキッチンも皆さんチェック。

女性には気になるポイントですよね。

 

 

 

建物のスペースの説明。

建築士の腕が鳴るところです。

 

 

こちらは趣味のスペースですね。

本気のスキーセットが家族分置かれています。

自宅で作業台持ってるとはスゴイ。

 

 

 

続いて場所を変えてお茶をしながらの座学です。

 

エコな住宅をイメージだけではなくて、

しっかり数値で表しています。

節約できたエネルギーが見えて、説得力があります。

 

 

サッシや断熱材を手に取ってもらいながらのお話しに

みなさん興味津々です。

 

 

住まいづくりでは、作り手と住まい手の信頼関係と

理解が深まることが大切ですね。